投資信託は、販売会社を通じて販売されますが、販売会社は具体的にどのようなところが販売しているのでしょうか。 販売会社は銀行や証券会社などがメインですが、保険会社、郵便局でも投資信託を販売しています。

販売手数料によって販売会社は儲けます。あなたに投信商品を売ることだけで利益があがるのです。販売会社は何とか買わせようと思っているので、あなたにとって本当に良い商品であるかはわかりません。

色々と理屈を並び立てて商品をすすめてくるのは、あくまでもセールストークなのだという認識を持っておいて欲しいと思います。まるで自分の会社の商品のように、大手証券会社有名銀行の営業窓口で、営業マンはおすすめしています。

しかし、販売会社の仕事は完全に販売のみであり、販売会社の利益になるのは販売手数料です。運用の結果、あなたが得をしようと販売会社の利益には何ら関係ありません。

投資信託を購入した結果はどうでもよいのです。 大手証券会社や銀行などの販売会社と運用会社は役割が分離しています。販売会社は運用の指示であるとか資金の保管などはしません。ファンドの販売を投資家に対してするだけです。運用会社は別にあります。あなたの資金を運用しているのは運用会社です。販売会社は販売しかしていないんだということを改めて確認する必要があります。そうはいっても、やはり資産運用は素人が自らやっていくよりも、ファンドマネージャーなどの投資家にお願いするのが賢明です。

資産運用のプロにお任せする方が成果があがる可能性が高くなります。すすめてくる商品が本当に良いものかどうかは見極めなければなりませんが、プロに資産運用をまかせたいと考えるのであれば、購入をじっくり検討してみていいと思います。

ここでは、運用会社と販売会社で果たす役割はそれぞれ別々である・・・、ということだけはおさえておいて頂きたいと思います。いざ投資信託に申込をすることを決めたとするとランキングが気になるところだと思います。