販売会社を通じて出資される資金を、機関投資家やプロの運用会社が運用を代行するのが、投資信託です。 運用会社は販売を行いません。運用だけに集中します。どのような投資をしていくかは、運用会社の方針によって変わるものです。どのような対象に対して、皆さんの出資された資金を投資するのかも運用会社の運用方針次第だということです。

対象としては国外株式やインデックス投資などの運用対象もあれば、株価指数への投資など様々ありますし、債券や国内株式というのもあります。株式や債券、不動産に投資するよう信託銀行に指示を出しているのが運用会社です。

信託銀行は運用会社の指示を受けてから金融商品を選びます。株や債券を中心に、運用会社の指示通りに金融商品を選んでいきます。信託銀行が専門に行ってるのお金の管理です。信託銀行はお金を保管し資産管理を行います。運用会社が信託銀行に対して指示を与えますので、どこに投資するのかを考えるのは運用会社の仕事です。 このように、複数の投資家から集めたお金をプロが運用する仕組みが投資信託なのです。

投資信託は最近では100万円までは手数料が掛からないNISAの投資信託口座もあるのでおすすめの投資方法の一つになっていますね。こちらのおすすめ投資信託サイトのNISAページはとにかく分かりやすかったです。