現在の日本には資産運用する流れがあります。 昔とは時代も移り変わりました。 ゼロ金利政策などによって低金利となり、預金の利息はほとんどないに等しいです。 しかし、自身で運用を考えるた時に、投資に関する知識や経験がないと資産運用は難しいと思います。

運用を代行し、利益を投資家に返還する金融商品の一つとして投資信託があります。 運用の利益を目指し成果があった場合に、投資家の利益として還元されます。

お金を積極的に増やそうとして出資をしていますのでリスクもあります。 運用成績が悪ければお金を損失する可能性もあります。 銀行に預けるのとは違います。 預金等と違って元本は保証されません。 常に毀損のリスクを伴います。 投資信託を購入する場合にも、一定のリスクを許容する覚悟は持っておいて欲しいと思います。