今日からこのブログで投資信託に関する話をしていきたいと思います。 資産運用に関心がある方でも知識がなかったり、知識をつけたいと思っていても、色々と勉強するのが億劫だという方もいらっしゃるかと思います。

また、これから話をしていく投資信託に関しても、投資信託というのは耳にしたことはあるけれどもよくわからないという方は多いと思います。 ここでは、最近注目されている投資信託の話や、まず、はじめにファンドと投資信託の違いについてなど、細かく解説をしていきたいと思いますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

では、まずファンドとは何ぞや…、というところからはいっていきたいと思います。投資家から委託を受けて資産の運用をする金融商品全般を指して、「ファンド」といいます。特にファンドと投資信託の定義が分かりにくいと思います。

国内ヘッジファンドやヘッジファンドランキングで調べたところ、投資信託・ファンド人気ランキング(http://www.metropolisiana.com/)というサイトが見つかりましたが、投資信託とファンドの比較をしているサイトはこのサイトくらいでした。

いくつか引用をしたいと思います。投資顧問会社などの機関投資家が運用を代行する金融商品を指してこのように呼ぶことが多いです。 一般的なファンドには「投資信託及び投資法人に関する法律」という法律に縛られないで運用しているものもあります。

また、ファンドというのは、集団投資スキームのことを指す場合もあります。特定の目的を持った複数の投資家による投資事業組合などがそうです。また、様々なコンテンツに対して投資する場合もファンドと呼びます。例えば、レストランファンドやミュージックファンド、ホテルファンドのようなものもあります。

このように資金を集めて投資するモデル全般を指すこともあります。ファンドは株式や為替、デリバティブで資金を運用するものだけではありません。 投資信託を扱えるのは投資信託の委託業者だけです。 投資信託の委託業者になるには厳しい行政の監督を受けなければなりません。ファンドというカテゴリの中に投資信託は含まれていますし、運用資金を集めて運用するという意味ではファンドと変わりませんが、投資信託はあくまでも「投資信託及び投資法人に関する法律」という法律に従って運用しなければなりません。

このような法律を守って運用するのが投資信託です。 投資信託には義務もあります。運用の報告書も提出しなければなりません。 投資信託と一般的なファンドの大きな違いは、専門の法律で運用が定められているということです。